News

新モデルハウス計画 進捗報告

2021-03-09

3月も中旬に差し掛かりすっかり春めいてきました。

暖かくなるのを待って、外壁仕上げの杉板に「エコウッドトリートメント」を含侵する作業をスタートしました。

従来の塗装とは考え方が違い、木の腐朽から保護をして定期的な塗り替えが不要な天然の保護剤です。

森林王国のカナダでは60年以上前から使用されている実績と信頼のある保護剤ですので安心です。

それを一枚一枚丁寧に外壁材にしみこませていく作業は本当に重労働ですが、末永く使ってもらえる家を作るためにも大切な工程です。

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

 

北欧照明の魅力を再発見

2021-03-04

北欧照明の傑作
louis poulsenPH5

今回のモデルハウス見学会でも展示させていただきました。

でも名前の由来ってご存知ですか?

PHはデザイナーのポール•ヘニングセンの頭文字を。
5はメインシェードのサイズを表しています。

シェードサイズが50センチのものをPH 5と呼ぶんです。

由来を知ればより身近に感じますね。

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

コンセプトブック設置場所のお知らせ

2021-03-03

Paddy Field TAGAMの新しいコンセプトブックを直接お手に取っていただけるようになりました。

道の駅たがみ様のご厚意により、情報発信・休憩施設棟に置いていただいております。

今まで通り、資料請求下さればすぐに郵送も致しますが、田上町にお越しのついでに気軽にお手に取っていただけます。

道の駅たがみの物産棟のとなり、情報発信・休憩施設棟にもぜひお足を運んでみてください。

 

資料請求はこちらから

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

インスタで嬉しい投稿をくださいました!

2021-03-02

2月27日の「北欧照明の魅力と使い方」セミナーに参加して下さった橘久利子様のインスタで嬉しい投稿をいただきました。

本当にありがとうございます。

転載の許可をいただきましたので、紹介させていただきますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「北欧照明の魅力と使い方」というセミナーに参加してきました。

ダイワホームズ×フィンチ&ホームのコラボイベントです。
モデルハウスで実際の照明を見学しながらのセミナー
とてもためになり楽しかったです。

照明器具を買いたくて考えていたところだったのでとても良いタイミング。先着5組に間に合って夫と出かけてみました。
💡発光元が見えず眩しくないルイスポールセンの照明器具。
眩しい光は目に悪く眠りのサイクルにも影響する。
それを既に1950年代に問題とし
照度はあるけど直接見てもグレアを浴びない照明器具を生み出したというのだから凄い!
健康のことも考え作られていたのだと知り感動しました。

デザインが良いだけではない
心地よい家での時間を送るために計算されたら形なんですね。

そしてなんとずっと会いたかった友だちに偶然会えた!
嬉しくってどうしても参加したかったのはこれだったのねと思いました。

 

出典 橘久利子様インスタグラムより

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

「北欧照明の魅力と使い方」セミナー 大盛況でした

2021-02-28

昨日(2月27日)の17:00から18:30まで、先着5名様限定のセミナー

「北欧照明の魅力と使い方」セミナーを開催しました。

講師はFINCH&HOMEの塚越大助氏。

塚越氏は照明を含むインテイリア計画に深い造詣と多彩な経験を持たれているプロフェッショナルです。

参加して下さった方は皆様は深くインテリアに興味があり、さらに高い知識を求めてこられている方々ばかりで、お互いにたくさんの刺激を受けられていたご様子でした。

日本の照明計画はどうしてもおざなりになりがちですが、照明は室内空間の印象を決定つける大切な要素です。

Paddy Field TAGAMの提案するインテリアもさらに次の高みに進んでいけるきっかけになりそうです。

最後になりましたが、参加して下さったすべての方々に深くお礼申し上げます。

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ