News

防火構造認定の「付加断熱+木板張り」

2021-03-15

北海道の北方建築総合研究所さんが、すばらしい認定を取ってくれました。

「付加断熱+外壁仕上げ木張り」で防火構造認定取得!!

実務で外断熱をあまりやられていない方には「何のことやら」っていう話題かもしれませんが

私たちPaddy Field TAGAMIでは、外断熱にさらに柱の間に断熱材を入れるというW断熱。

半面、防火面が弱点になりがちでした。

これが今回研究と実験を重ねて、延焼から建物を守ることが出来る構造として認定されたんです。

これで、さらに多くの地域で大きなコストアップをして防火対策を行わなくても木の外壁を選んでいただけるようになりました。

木資源の活用と安全、断熱という快適性も併せ持つ住宅を、これからますます進めて行けそうです。

 

新建ハウジング 3/10号より抜粋

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

外壁材の保護

2021-03-10

Paddy Field TAGAMIでは、外壁に木材を使う場合には、エコウッドトリートメントという

天然木材の保護剤を用いています。

木材を腐朽菌から守るだけではなく、故意に着色する塗料とは違い自然に風雨にさらされたような味わいのある色に変色します。

これもまた人気の一つかもしれませんね。

 

現在作業中の杉材の色変化

20年間ノーメンテでこの味わい。素晴らしいです。

技拓株式会社様の施工写真より

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

北欧照明の魅力を再発見

2021-03-04

北欧照明の傑作
louis poulsenPH5

今回のモデルハウス見学会でも展示させていただきました。

でも名前の由来ってご存知ですか?

PHはデザイナーのポール•ヘニングセンの頭文字を。
5はメインシェードのサイズを表しています。

シェードサイズが50センチのものをPH 5と呼ぶんです。

由来を知ればより身近に感じますね。

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

インスタで嬉しい投稿をくださいました!

2021-03-02

2月27日の「北欧照明の魅力と使い方」セミナーに参加して下さった橘久利子様のインスタで嬉しい投稿をいただきました。

本当にありがとうございます。

転載の許可をいただきましたので、紹介させていただきますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「北欧照明の魅力と使い方」というセミナーに参加してきました。

ダイワホームズ×フィンチ&ホームのコラボイベントです。
モデルハウスで実際の照明を見学しながらのセミナー
とてもためになり楽しかったです。

照明器具を買いたくて考えていたところだったのでとても良いタイミング。先着5組に間に合って夫と出かけてみました。
💡発光元が見えず眩しくないルイスポールセンの照明器具。
眩しい光は目に悪く眠りのサイクルにも影響する。
それを既に1950年代に問題とし
照度はあるけど直接見てもグレアを浴びない照明器具を生み出したというのだから凄い!
健康のことも考え作られていたのだと知り感動しました。

デザインが良いだけではない
心地よい家での時間を送るために計算されたら形なんですね。

そしてなんとずっと会いたかった友だちに偶然会えた!
嬉しくってどうしても参加したかったのはこれだったのねと思いました。

 

出典 橘久利子様インスタグラムより

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ

魚沼杉の外壁板

2021-02-15

Paddy Field TAGAMの家では、外壁に新潟県内産の魚沼杉をよく使います。

これをしっかり天日干しにし、これにエコウッドトリートメントという、木材保護剤を含侵させます。

日本でも10年ほど前から販売されており、メンテナンスフリーの保護剤として人気が出てきています。

薬剤が紫外線に反応して、程よく経年したような良い色に発色します。

 

「暮らしを遊ぶ家づくり」Paddy Field TAGAMI by ダイワホームズ