News

最新情報

南側の窓は大きければ◎?

2021-10-09

PaddyFeildリポーターのタチカワです!

夏の暑さが雨で少しひと段落して、
夜の窓辺が心地よく感じられるように
なってきましたね🌛
ですが、日中の日差しの暑さと言ったら
まだまだ困りものです💦

明るい日差しが入る大きな窓を
南側に配置したお家は多いですよね。
私も南側に大きな掃き出し窓がある家に
住んでいました。

実際、家の中はとにかく明るかったです。
自然光が燦々と降り注ぐリビングは、
住んでいた当時慣れない育児で
子どもと2人きりの時間が続いて
気が滅入りそうな時も、
とにかく日々気分を明るくしてくれて
助かりました。

しかし、明るさも去ることながら
南側に大きな窓があると
日差しの照りつけが想像以上に
強いのなんの☀️☀️☀️

夏場は特に暑くなるということ
期待に反してがネックでした😥
直射日光が入って
部屋は気温が高くなりやすく、
結局空調を効かせるためにカーテンを閉めきり
日中も部屋が暗くなってしまう日々…。

さらにもう一つネックだったのが、
その大きな窓からは
向かいのお家が丸見え…👀!!

道路にも面していて人通りもあり、
流石にずっと見られているわけでは無かったですが、
気配がどうしても気になって仕方ありませんでした😥

建売物件やセミオーダー住宅などには、
特に日差しの一番入る南側に大きな窓を
配置されている傾向があるようです。

注文住宅でも、お家を建てる土地と環境を
よく観察して窓の大きさや配置を考えなければ、
先程挙げたようなデメリットなどが
浮かび上がってきてしまいます。

*******
自社の建築士が土地をじっくり観察し、
建物を建てた時の実際の日差しの入り方、
周辺の道路環境・生活の様子を考慮している
田上町の工務店「PaddyField」は、
住む人の心地よさを一番に考えながら、
部屋の中に自然光をうまく取り込んだ
窓の大きさ・配置を提案してくれますよ。

PaddyFieldではどのような採光や窓の配置の工夫をしているのかは、次回詳しくご紹介します!

プロフィールのリンクから
PaddyFieldさんのサイトへアクセスできます!
設計士さんの建築へ素敵な考えを
垣間見ることができますよ✨

*******